ネットワーク共有リソースが参照出来ない

ネットワーク共有リソースの問題は難しいと思う。

以前もこんな記事を書いたのだが、どうも大事なことが書き落とされてるようなので、書き直し。

まぁ、今日も会社でこの問題があったんで再整理。


とりあえず「NetBIOS over TCP/IP」まわりを疑ってみましょう。
代わりに「NETBEUI」をインストールすると互換性の問題を減らせますが、最終手段。

確認の手順は以下の通り。

1. (現状を正確に把握するため)キャッシュをクリアする

> nbtstat -R


2. 現状の名前解決手段を確認する

>ipconfig /all


「Node Type」を確認して、名前解決手段を判別。
タイプはb,p,m,hの4種類。

  • b – Broadcast
  • p – WINS
  • m – Broadcast → WINS の順に解決
  • h – WINS → Broadcast の順に解決

WINSだけの問題なら、サーバ管理者以外は諦める。
以下、ブロードキャストの問題とみなし、3の手順へ。

3. マスタブラウザの生存と動作を確認する

探し方は以前の記事。DHCPに言及してややおかしな事は書いてあるが、気にしない。

マスタブラウザが死んでいる場合、自分が同じセグメントにいるならば、再選出を促すことも出来る。コマンドはBROWSTAT ELECTが便利。詳細はKB188305

# 一定時間後(10分程度)に勝手に再選出されますが・・・。

問題はマスタブラウザが生きている場合で、NASやWindows以外のOSがマスタブラウザの場合。きっと、今後も互換性の問題になやまされる。該当マシンを再起動をして、今後は出来るだけWindowsにマスタブラウザをやらせる(設定次第)方が幸せになれる。

ここまでやって解決できないならば、きっと他の問題。
アプリケーション層(ファイヤウォール等)から物理層(LANケーブル)まで頑張って再確認。



[KB188305] Microsoft コンピュータ ブラウザ サービスのトラブルシューティング

Leave a Reply

最初のコメントを頂けますか?

更新通知を受け取る »
avatar
wpDiscuz