ngenの引数はバージョン間で異なる

MSILなコードを高速化する手段の1つとしてネイティブコードジェネレータ(ngen)があります。

その名のとおり、MSILをx86等に予めコンパイルしてキャッシュしておくわけですが、何故か.NET Framework 1.1と2.0では引数が異なるのです。


一例としてネイティブコードの作成方法を挙げます。

> ngen <assembly path or display name>  // 1.1

> ngen install <assembly name> [scenarios] [config] [/queue[:[1|2|3]] // 2.0

似てないってレベルじゃねーぞ。

何よりタチが悪いのは、2.0版で1.1版の引数を勝手に使っても、正しく動作する事です。下手に動作するから、私は引数を書き直す必要があることに気づきませんでした。

警告でも出して変更を促して欲しかったですね。

Leave a Reply

Be the First to Comment!

Notify of
avatar
wpDiscuz