.NET Framework 3.0が利用可能に

今日気づいたのですが、.NET Framework 3.0が出たようです。

ダウンロード先は以下の通り。

いつものごとく、SDKにはランタイムが含まれないため、開発者は両方ダウンロードする必要があります。


耳にした方も多いでしょうが、バージョンこそ3.0に上がっていますが、共有言語ランタイム(CLR)は2.0のままです。つまり、関数の追加以外の影響はありません。

開発も今まで通りの環境で行います(Visual Studio用アドインはまだβのまま)。

また、.NETのアプリケーションは、共有言語ランタイムの好ましいバージョンを指定することが出来ますが、これを2.0として動作させる必要があります。

何が変わったのかと少し調べてみましたが、新しいエクスペリエンスだとか、サービス思考アーキテクチャ(SOA)だとか、いつもの言葉ばかりが並んでちっとも実体がつかめませんでした。

結局は、Windows SDKにVista用の関数が増えたから、その分ラッパーとなる関数も増やしましたという感じなのでしょうか?

今ダウンロードしているので、調査して面白いことがあったら報告します。

Leave a Reply

1 Comment on ".NET Framework 3.0が利用可能に"

Notify of
avatar
Sort by:   newest | oldest | most voted
草原の一軒屋
Guest

.NET Framework 3.0

.NET Framework 3.0登場しましたね。Vista対応の前哨戦として

wpDiscuz