仮想ドライブを作成する

NTFSでは任意のディレクトリに対して、ドライブレターを割り当てる事が出来ます。これは一般的には仮想ドライブと呼ばれ、substコマンドで作成します。

通常では全く使い道がないこのコマンドですが、以下のようなプログラムを扱う時に有用です。

  • Aドライブ(フロッピー)がないと動作しない
  • あるドライブに勝手にアクセスしにいく

使用方法は以下の通り。


> subst A: C:Temp

この場合、「C:¥Temp」がAドライブであるかのように扱えます。つまり、Aドライブへの書き込みはC:¥Tempにリダイレクト(転送)されます。

同様な事を実現する別の方法もありますが、OSの標準コマンドで出来るということがポイントだと思います。

実用できるタイミングはそうないでしょうが、覚えておいて損はないでしょう。

Leave a Reply

最初のコメントを頂けますか?

更新通知を受け取る »
avatar
wpDiscuz