C言語ポインタ 完全制覇

【 評価    】★★☆☆☆

【 難易度 】★★★☆☆

【 ISBN    】4-7741-1142-2

ポインタというものを殆ど理解した頃に何か得ることはないかと思って買った本です。購読対象はポインタが何となく分かる人です。分からない人を対象にしているとしていますが、それにしては内容がマニアックすぎます。

本書は口語調で統一されています。C言語の隅をつつくような内容が好き嫌いの分かれるところではあります。例を挙げるとp[i]はi[p]と全くの等価であるとかです。この他にもなるほどとは思うけれど、どっちかっていうとトリビアだろ?みたいなものばかりです。

中盤にさしかかり、複雑な関数ポインタを読みこなすという例がありますが、無駄に長いです。こんなに読みにくかったらtypedefするのが普通です。そもそも実用ではqsort程度の関数ポインタが利用できればまず困らないわけで・・・。

読み物としての価値は認めますけど、真剣にポインタを制覇しようとしてる人に、このノリはないんじゃないかと。

私は「C++ Primer」のが100倍役に立つと思います。

Leave a Reply

Be the First to Comment!

Notify of
avatar
wpDiscuz