C++ パフォーマンス戦略

【 評価    】★★★☆☆

【 難易度 】★★★☆☆

【 ISBN    】4-89471-355-1

C/C++の最適化に的を絞った本は多々ありますが、理論だけではなく実測を元に分析しています。例を挙げるとインラインアセンブラを利用してみる、ビット演算に代えてみる、if…elseとswitch、iostreamとcstdioを比較検討などを行います。

しかし、実際にはswitchはジャンプテーブルが使われるから早くなるという話だけを知っていればいい(※1)ですし、iostreamとcstudioの比較に至っては安全性が同じで無い事から比較する表を作る事自体オカシイ。その他、コンパイラ依存だろ、これは?と思われる話も多いです。

実測値に基づいた本としては「Efficient C++(※2)」より劣りますが、その分最適化の初心者に対して読みやすい本だと思います。

買ってまで読む価値があるかどうかは、各々の判断に任せます。

※1 連続するif…else文をちゃんとジャンプテーブルに変換するコンパイラもあるはずです。

※2 "C++ In Depth"シリーズの一冊です(ISBN 4-89471-245-8)。RVO、仮想関数、インライン、STLと一通り網羅した上で実測値に基づいた考察を行っています。私的には結構オススメですが、安全なコードを書けるようになってから読むべきだと思います。

Leave a Reply

最初のコメントを頂けますか?

更新通知を受け取る »
avatar
wpDiscuz